BLOG

クレームは気持ちの隙から生まれます

反省しています

私は車がだらしなく駐車されるのを嫌います
前輪が角度を持って止まっている車を見るとマナーの悪さに悪態をつきたくなるほどそれを嫌います

という自分が、その行為で人に迷惑をかけてしまいました。

同乗者と荷物を運ばなくてはいけないので、すぐに戻る前提で狭い駐車スペースに車を駐車しました。
降りてみると前輪の曲がり具合が気になりました。

「どうしよう気になるよね。直そうかなー」というと
「大丈夫じゃない?」と言われ
「まぁいっか。」そんなやりとりでそのまま荷物の運び出しを始めたのです。

ほんの少しのつもりが作業に手間取り30分ほど経った頃でしょうか。
車の止め方が悪い。マナーが悪いというお叱りが入ったのです。

車のフロントガラスからみえるところに、少し場所をお借りします。連絡先も含めメモを残していたので
私のところに連絡が入りました。

その時に思ったのです。

少しの面倒な気持ちを誰かに委ねて、駐車のやり直しをしなくても良いよね。と
自分を承認させたかったのです。

それも免許もない娘に同意を求めて、何をしようとしていたのでしょう。
恥ずかしくなりました。

企業研修に入ると似たようなことが課題に上がります。
確認作業の重要さ。
誰かに決定を委ねるのでは無く、自ら納得のいく承認をする。

いつでもその隙をつくようにクレームは起きるのです