話し方

どこまで理解できたか確認する質問

今日はお客様の会社にお邪魔して研修を実施しました。
作業工程上大幅に流れの仕組み変えていく必要があり
リーダーにその工程の変更点をお伝えしました。

流れを説明のあと、実際にそれを行動に移すことができるかどうか
お伝えしたことをどこまで理解できたのか。
確認をする必要があります。

相手の理解の程度を測るのに重要な質問があります。

「私が話したことを、今度は〇〇さんの言葉で
私に説明をしてください」とお伝えするのです

すると、あんなに「はい」「わかりました」と答えを返していたのに
全く詰まって話せなくなってしまうリーダーもいれば

要点をまとめて、お伝えしたことをしっかりわかりやすく
私に返してくれるリーダーもいます

いずれ大幅に流れの仕組みを変えるための説明なのですから
リーダーは誰よりもそれを熟知して、
部下にそれを浸透させていかなくていけません。

話を聞いて理解をする

その理解度の確認をしながら進めていくことで
スムーズな移行や変更に対応していけます